withコロナ時代を生き抜く ライティングのコツ

コロナ禍で企業の業績が下がっている・・・そんなニュースをTVや新聞のニュースで最近よく見かけるようになりました。
全国世論調査で景気悪化が95%、コロナ禍で失業不安が51%になっているとのことです。

コロナ禍で、「自分の仕事も不安だ」と思う人が増えているということですね。

みずほ銀行の週休三日での収入減、ANAのリストラ、採用中止など、他業種でも多くのリストラが行われていくでしょう。東京などの首都圏では、空き店舗だらけになっているようです。海外ブランドの撤退も多く報道されています。

良いニュースは、なかなか無いようですが、それはTVや新聞ばかりのことで、ネット界では収入を10倍以上にした企業もたくさんあります。なかなかマスコミでは報道されないので、知らない人が多いのでしょう。

このコロナ禍以降の時代を生き抜くためには、個々人が稼ぐスキルを習得する必要があるでしょう。具体的にどんなスキルが必要かというと、本業の給料が減ったときに、副業をいくつか持っていれば、心配がないと言えるでしょう。

ですから、副業ができるためのスキルが必要になってきます。副業と言ってもたくさんありますので、この記事では、ライティングということに絞って書いていきます。

最近では、ユーチューバー、動画配信が有名になっていますが、普通の人は会社員として勤めていたら、副業禁止の企業なら顔出しすると、怒られる可能性もあります。ですから、副業OKの会社なら、youtuberとして活躍することもできるでしょうが、普通の人には厳しいと思われます。

ですから、普通の人が手軽に地道に始められる副業につながるスキルは、ライティングがおススメです。なぜ、ライティングなのかというと、世界中のあらゆる企業がネットマーケティングを必要としているのですが、その文章を書ける人材がかなり不足しているのです。

ですから、ライティングを深めると、一文字当たりの単価報酬も上がりますし、自分のブログをコツコツ書くことでgoogleAdsenseの報酬や、アフィリエイト報酬も発生します。最初は日記みたいな形でもよいので、コツコツ書いていけば、上達が見込めます。

合わせて、twitterやinstagramなどのSNSもやっていけば、アクセスが上がりますし、それ以降は、himalayaやpodcastなどの声出しのラジオなどを始めれば、収益はもっとアップしていくでしょう。

ライティングスキルは、セールスマーケティングを意識しながら、書いていきましょう。

書くことが難しい・・・・そう頭で考えて何も行動しないことが一番ダメです。とにかく書く、書く、書く、これがライティングのコツなのです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました